ママの宝箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 寝息。

<<   作成日時 : 2007/02/12 03:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

『ズーズーと鼻の詰まった寝息をたてる
彼の小さな頭にコツンと自分のおでこをくっつけて
静かに過ぎる時の流れを
ただひたすらに愛おしく想う。』

私は表現があまり器用な方ではありません。
特に面と向かって「好きだ〜」とかは多分死んでも言えないだろうなぁ・・・。
ただ詩にしたい気持ちとかって時々湧いてくるんですよね〜。
子供達といると、特に次男といると時々この思いを何かに残したいと
思うことがあります。
今日はすぐ書きとめてみましたが
それでもこの感情を上手く表現できないでいるような気がします。


よく、コメントを頂くさっちゃんパパさんの
詩に感動しちゃいます。優しい優しいパパの詩。
一度のぞいてみてください。

次男は明日退院予定です。
歳を重ねるごとにそれなりに健康になっていくものだと思ってた私。
ところが歳を重ねるごとに病名が増えていく。薬が増えていく。
この現実がどこかでまだ受け入れられずにいます。

新たに見つかった下垂体の病気。
このために彼はまた苦しんでいます。
持病とは全く関連が見られないようです。
なんで次男ばかりがこんなに苦しまなくてはならないのかと
思ってしまいます。
そして「何がいけなかったのか」と思ってしまいます。
人には自分の気持ちを茶化して言ってみても
やはり重い気持ちになってみたり、生きていくことに疲れを感じてみたり
色んな気持ちが交差します。

まだまだ弱い私です。

準夜から戻った私ですが
今夜は一人ぼっちの夜です。
次男は病院、上の子達は私の実家に泊まっています。
私の子守唄である「三つの寝息」は今日は遠いところです・・・・・・。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
一難去ってまた一難
いったいいつまで続くんだろう
永遠の謎ですよね
ただひたすらがんばれとしか言いようないことが悲しいけれど
これは私達が背負った鎖の重さですよね
でも静かな寝息をたてているのを聞くと
この辛さが過ぎれば・・・といつも思う
祈るような気持ちです
pekochan
2007/02/12 10:42
お久しぶりです。
この頃、なかなか時間がとれず、ご無沙汰しております。

いつも次男君の事は気になっておりました。
「ただひたすらに愛おしく想う。」・・・本当に、この通りですね。
色んな事を考え抜いて、色んな想いに疲れ果て、ただひたすらに愛おしい。
よ〜く、解ります。そのあつい想いはきっと伝わりますよ。

私の事をお褒め頂いて有難うございます。m-nekoさんも気付いておられるかも知れませんが、私達を詩人にしているのは寝息を立てている我が子なんですねえ。子供達を見ていると、誰でも自然に言葉が出てきますよね。私は、それを並べて楽しんでいるだけなんです。佐智子のお陰です。

次男君、お大事に。そしてm-nekoさんもお体を大切になさってくださいね。
さっちゃんパパ
2007/02/13 22:29
m-nekoさんの優しさがとっても伝わってきますよ!
私も言葉に出すのってどうも照れくさくって・・・でも、私もこうして字にすると素直に書けたりして・・・。
次男くん、えらいね!たくさんの検査や薬、でも、こんな優しいママがついてくれてるんだもんね!
ふう
2007/02/13 23:19
m-nekoちゃん、今日はスーパーで偶然お会いできてうれしかったです。何年ぶりかしら??
でも、正直かなり疲れてるな〜。が第一印象・・・。
次男君の事ももちろん心配ですが、私は頑張り屋のm-nekoちゃんの事がもっと心配です。ただでさえ、高知で1.2を争う大変な病院へ勤め社会人、妻・母の三役を務め・・・。出来るわけがない。
誰かがあなたを助けてあげないと壊れてしまいます。そう感じました。
っていっても変わってあげることは出来ませんし、家族のようなフォローもできませんが・・・。
家族の協力を得てたまには息抜きをね・・・。頑張るところは思いっきり、息抜きはとことん息抜きを・・・。子供の事を考えると楽には生きれないかもしれませんが、もう少し肩の力を抜いたほうが幸せになれるよ。自分を責めないで・・・。
m-nekoちゃんには、学生時代のようにいつも笑っていてほしいです。
私はそんなm-nekoちゃんが大好きです。だから、子供の事ももちろん大事にしてほしいけど、もう少し自分を大事にして・・・。
ありきたりの言葉ですいません。


Kapon
2007/02/13 23:27
☆pekochanさん。
いったいいつまで続くんだろう・・・本当にそう思います。
これが私たちの背負ったものでしょうね。私はとても弱音ばかりですがあなたはいつあっても前向きで強いママです。尊敬します。でも色んな葛藤があるんでしょうね・・・。私は弱音吐くところが欲しくてブログを立ち上げたようなところもあります。これで正しいのかいつも悩んでます。でもこうやって沢山の方に励ましてもらい救われてます。
『祈るような気持ちです』私たちは祈り続けるんでしょうね・・・。
m-neko
2007/02/17 20:24
☆さっちゃんパパさん。
お忙しいようですね。訪ねてきてくださってありがとうございます。
本当に恥ずかしくて言葉に出来ない気持ちが子供のことを想うと自然に出てきます。次男はあまり寿命の長い病気ではありません。彼を想う気持ちを彼の生きているという証を沢山の人に知ってもらいたいと思います。
さっちゃんパパさんみたいに上手く表現は出来ませんが時々詩人になってみます。
苦しくてたまらないとしょっちゅう思います。でもだからこそ感じる思いってこの子達だから与えることが出来んですよね。それはとても尊い感情です。
m-neko
2007/02/17 20:32
☆ふうさん。
ふうさんも時々子供さんへの思いを詩にされていますよね。とても素敵です。私も下手なりに表現の一つとして使ってみたいです。
次男は本当に偉いです。最近は少し嫌なことが分かるようで今夜もポロポロと涙を流しながら沢山のお薬(8種類)を飲みました。注射もベテランの先生さえ悲鳴を上げるほど困難になってきました。私はただ頑張れとしか言ってやれません。私自身はまだ浮き沈みがあり病気に立ち向かう気持ちがしょぼんでしまったりします。でもこうやって応援してくれる方がいると思うと救われます。ありがとう。
m-neko
2007/02/17 20:41
☆kaponさん。
ほんとうに偶然でしたがお会いできて良かったです。また丁度落ち込んでいる時に会っちゃったから心配させてしまいましたね。
kaponさんが言っていたように人には持って生まれた運命があります。kaponさんは若くて夢にあふれている頃の私を良く知っているからなお心配されたんですね。人生の重い荷物を下ろすのはいつでも出来るならもう少し背負って歩いてみようと思います。きっと下ろさなくてはならないときになったら神様に導いてもらえるとなんとなくそう思います。大丈夫。私は雑草体質ですから。今度ゆっくり会いましょう。
m-neko
2007/02/17 20:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
寝息。 ママの宝箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる